スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

マニアな博物館8 (房総の)海の博物館

海の博物館 (10)

千葉は勝浦にある

 『海の博物館

に行ってきた。

海水浴ついでの寄り道ミュージアム。

久しぶりのマニアな博物館


正式名称は

 『千葉県立中央博物館分館 海の博物館

真ん中にあるのか端にあるのかスケールがでかいのか小さいのかよくわからくなる施設名。

実際はというと、そこに行くまで不安になるほど辺鄙な場所に建っている。
そして生活道路からトンネル抜けた海沿いに突然現れる建物は意外なほど立派な造り。

海の博物館 (23)

これはもしや展示のスケールもそれなりなのでは?と思って中に入ると展示スペースはこじんまりとしている。

海の博物館 (22)

どうやら研究棟も兼ねた博物館らしい。


期待と裏切りが入り混じる博物館である。


閉館間際に訪れて、

 「30分しかないけどどうしようか」

と入館するのを悩んでいた家族連れに対して、

 「大丈夫です。30分あれば十分見られますよ!」

と学芸員さんがナチュラルに自虐的なアドバイスをしていたのが印象的。


で、どんな博物館かというと海は海でも、

海の博物館 (8)

「房総の」海と自然をテーマにした博物館。

近場の海に生息する生物の標本がところ狭しと並べられている。


もちろん、シンボル展示的な大物も用意されていて、

海の博物館 (6)

房総に打ち上げられたクジラの骨格や標本が目を引くが、

海の博物館 (7)


正直なところ全般的に物珍しい魚や貝が展示されているわけではない。

でも、つい先ほどまで、磯遊びしていた身からすると、
この手で捕まえたカニやヤドカリ、絡みついた海藻と同じものがそこにあるのは興味深い。


海の博物館 (12)

「あ、あれ観たね」とか「これ僕が採った奴」なんて会話が弾む。

研修室で流されている映像「マリタイムシネマ」も昭和な感じなのだけど、
なにげに子どもは釘づけ。


いまなら企画展『ウニと愉快ななかまたち』を開催中。

海の博物館 (15)


ウニやヒトデの生態をクイズ形式で学べる。

海の博物館 (18)


クイズに正解すると「ウニバッチ」がもらえるよ。

海の博物館 (19)



あのまま博物館に寄らずに帰っていたら、
あぁ磯遊びをしたね程度の思い出しか残らなかったかもしれない。

ここでワンクッション振り返りの機会を入れたことでちょっとは記憶が深くなったかも。


お子様は無料、大人でも200円、駐車場も200円/2時間。

外房で海遊びをしたなら、海ほたるよりもここを覗いておいた方がいい。

最初にビジターセンター代わりに寄ってみるのもお勧め。

地場の施設は地元民のためだけにあらず。


『海の博物館』

 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
 毎週月曜日休館(ただし月曜日が休日に当たるときは翌日)
 千葉県勝浦市吉尾123 R外房線鵜原駅から徒歩15分


おまけ
海の博物館 (14)
コピーライト的にいかがなものか風な海遊びスタイルの紹介。


関連エントリー

『TOKYO研究所紀行』片手にふらりと出かけたい
マニアな博物館7 『南極・北極科学館』
天空の博物館 『地球最古の恐竜展』 
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
滑り込み 大恐竜展
マニアな博物館6「ハウステンボス美術館・博物館」で自動演奏装置に唸る。
エキゾチックジャパンなショールーム「長崎歴史文化博物館」
マニアな博物館5 『富士火山学術資料館』
マニアな博物館4 『なるさわ富士山博物館』
「わくわくグランディ科学ランド」でわくわくした
「三菱みなとみらい技術館」 実機と模型で技術を体感
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
微妙にマニアな博物館 京都大学総合博物館
マニアな博物館3「船の博物館」からみるガンダムも粋
マニアな博物館2 『初島灯台資料展示館』
「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行ってきた。
ひさしぶりの日本科学未来館は展示が結構かわっていた。
商業展示会に博物館出現。「セラミック博物館」
科学技術館を駆け足で周ってみた
ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。
魅力的にかつ本質を伝える。それはできるのか。
王立科学博物館(小市民的)大人買い
~未来技術遺産~
下から目線
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた

関連記事

2013/08/14 23:55 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。