「深海」展はダイオウイカのみにあらず。

深海展

東京は上野の国立科学博物館で開催中の

 特別展「深海

にいってきた。

夏休みが終われば少しは空くかと思いきや、

人、人、人、イカ、人、人、人・・・。

みんな何を期待して集まってきているのか。





本イベントはNHKとJAMSTECと国立科学博物館がタッグを組んだ最強の展示会。

数年かけて仕込んできた深海映像を引っ提げてマーケティングを展開したNHKほかメディア。
科学的・技術的根拠を提供したJAMSTECこと海洋開発研究機構。
そして、博物館のリソースを利用して深海を魅せた国立科学博物館(と展示業者)。

思うに、そこに何が展示されているかなんて細かく事前に調べてに訪れてた人は少ないのではないかと。

老若男女。
なにやら凄そうな「深海」や「ダイオウイカ」のイメージに引き寄せられ。
来てみたら、深海探索船はあるは、奇怪な生物はいるは、巨大な模型があるはで、深海コンテンツがぐりぐり迫る。
気づいたらセンスオブワンダーな世界に会話も弾む。


好奇心をフックにして科学・技術の魅力と知識を浸み込ませる。


使えるリソースをふんだんに使ったモノのサイエンスコミュニケーション。


そんな組織的戦略と実物のパワーに圧倒された展覧会。


これぞ特別展!


10月6日まで。


映像(深海6500にプロジェクションマッピング)
深海展 (5)


メカ
深海展 (4)


アート
深海展 (8)


巨大生物
深海展(21)


奇怪生物
深海展 (10)


メインディッシュ
深海展 (11)


生命の起源。
深海展 (15)


食。
深海展 (17)


先端技術。
深海展 (16)


そしてグッズ。
深海展 (20)


メカ好きもアート好きも取り込む全部入り展覧会。
並んででも見ておくべき。




おまけ:

実は常設展にもダイオウイカはいて、
深海展 (1)
こっちは並ばずに見られたりします。

地球館1F 5.自然を生き抜く工夫 22サイズへの挑戦
http://shinkan.kahaku.go.jp/floor/1f_jp.jsp
http://shinkan.kahaku.go.jp/kiosk/chikyu_con/A1/22/002018@lang=jpn.html

関連記事

2013/10/01 22:30 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |