クールな里山展示 「かわさき宙と緑の科学館」

宙と緑の科学館 (1)

川崎市の生田緑地の中にある科学館

かわさき宙と緑の科学館

岡本太郎美術館にいく途中に毎回目にするコンクリートつくりの小さな建物。

工事中だった建物がリニューアルされてたことに気づき、ふと立ち寄ってみた。

公園に遊びにきた子供向けのちょっとした理科展示だろうぐらいに思ってたら、

覗いてビックリ。


ワクワクする仕掛けがいっぱいのオシャレ科学館だった。




宙と緑の科学館 (3)

白を基調とした館内は明るく、天井も高くて開放的。
さらに、壁を極力なくし、奥まで見通せるようになっている。

宙と緑の科学館 (6)

展示什器はショーウィンドーのように彩られ、
不規則な格子状の柱は森の樹木を思わせる。

宙と緑の科学館 (7)

柱にはいたるところに動物たちがいて。

宙と緑の科学館 (4)

森の中を探検している気分を味わえる。


同じように科博の発見の森みたいなところは楽しいのだけど、リアルすぎるが故に何となく暗ったくて気分がダウンしたりする。
うちの子だけかもしれないけど、小さな子どもって何気に暗いところが苦手。
眠くなるのか怖いのかグズル率が高い。

だからこうした明るさとワクワクさを両立させている展示はいいなと。


壁面も抜かりがない。

宙と緑の科学館 (11)

狸が歩いてたり、

宙と緑の科学館 (2)

飛び出すインフォグラフィック的な系統図があったり、

宙と緑の科学館 (5)

お約束の化石があったりと、見ているだけで楽しい。


そしてなんといっても感心なのが、展示されている生物は、みな川崎にゆかりのある身近な動植物だということ。


宙と緑の科学館 (13)


子どもたちが日常的に接する動植物たちを様々な形で展開し気づきを与える展示

宙と緑の科学館 (15)

カラスや蜘蛛やタンポポなど。

宙と緑の科学館 (14)

普通に生活してたら見逃しがちな生命の営みを、ちょっとした仕掛けで触れさせる。

宙と緑の科学館 (8)

音や触感。

宙と緑の科学館 (10)

五感に訴える展示

宙と緑の科学館 (9)

地域によくある学芸員の手作り感あふれるアイデア展示を、
デザインの力で洗練した感じの博物館

アートとサイエンスを同時に吸収できそうな。

そんなオシャレな里山展示。


2階にはプラネタリウムもあり、なんと新型メガスター。


川崎市ってお金があるんだろうなとか。


宙と緑の科学館 (16)


なにはともあれ素敵な科学館だと思います。



関連エントリー
マニアな博物館 9 「たばこと塩の博物館」は9月1日まで。
マニアな博物館8 (房総の)海の博物館
『TOKYO研究所紀行』片手にふらりと出かけたい
マニアな博物館7 『南極・北極科学館』
天空の博物館 『地球最古の恐竜展』 
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
滑り込み 大恐竜展
マニアな博物館6「ハウステンボス美術館・博物館」で自動演奏装置に唸る。
エキゾチックジャパンなショールーム「長崎歴史文化博物館」
マニアな博物館5 『富士火山学術資料館』
マニアな博物館4 『なるさわ富士山博物館』
「わくわくグランディ科学ランド」でわくわくした
「三菱みなとみらい技術館」 実機と模型で技術を体感
「恐竜博2009」 研究者をアピールする展示
微妙にマニアな博物館 京都大学総合博物館
マニアな博物館3「船の博物館」からみるガンダムも粋
マニアな博物館2 『初島灯台資料展示館』
「神奈川県立生命の星・地球博物館」に行ってきた。
ひさしぶりの日本科学未来館は展示が結構かわっていた。
商業展示会に博物館出現。「セラミック博物館」
科学技術館を駆け足で周ってみた
ハンズオンがいっぱい。「宇宙の謎を解き明かす」企画展で宇宙探索技術を知る。
魅力的にかつ本質を伝える。それはできるのか。
王立科学博物館(小市民的)大人買い
~未来技術遺産~
下から目線
「菌類のふしぎ」展で展示について考えた

関連記事
.04 2013 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/630-590adaec

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター