無になる空間  「コレなんだ?佐藤慶次郎のつくった不思議なモノたち」

佐藤慶次郎 (2)

東京は武蔵小金井のはけの森美術館で開催中の

 「コレなんだ?佐藤慶次郎のつくった不思議なモノたち

の世界に浸ってきた。

森の中の小さな美術館
洋館の一室に飾られた奇妙なオブジェ。
時間を忘れて、喧騒から離たれて、ただただ見入る。


佐藤慶次郎は、1950年代に分野を越えた活動を展開した「実験工房」に参加した作曲家。
一方で、造形芸術にも傾倒、電気や磁気が起こす微細な振動によって動くオブジェ作品を多く製作した。

本展では、その不思議な振動するオブジェ30点が展示されている。

会場は「はけの森美術館」。

佐藤慶次郎 (1)

中央線武蔵小金井駅から徒歩15分。

大通りから少し小路にはいるとトトロの森かアリエッティの世界が現れる。

そんな森の中に佇む小さな美術館

美術館の中は洋館風で、件の展覧会は1Fの奥、重厚な木製のドアを開けた先にあった。


部屋に入った瞬間、静寂に包まれる。

すこし経つと、僅かなモータ音とチチチと何かが細かく動く音が聴こえてくる。

音の先は奇妙なオブジェ達。



オブジェはみなシンプル。

ワイヤーの軸に小さな輪っかや丸いボールがついているだけのもの。

それらが軸の振動や磁気の振動により、移動するだけの簡単な仕掛け。


言葉で書くと単純だが、その動きは複雑。


《回転シーソー》


規則的なのに不規則。
予測できそうで予測できない動き。


ただ、同じ場所を輪っかや白いボールが行ったり来たりするだけ。

そう、それだけなのに見入ってしまう。

不思議な動き。


《花開》


どうでもいいものなのに、なぜか目が離せなくてボーと見てしまう。
例えるなら、川にできた渦、寄せては返す波、ひたすら流れる雲、アリの行列。
そんな類の動き。


大きめの作品のボールの上下運動眺めていると、自分が上下しているような錯覚に陥り次第に作品の中に引き込まれていくよう。

《岐阜ススキ群'99》


いまICCのオープンスペースで展示されている
《moving objects | nº 692 - 803》2012年ペ・ラン
も似たような動きと面白さがあるが、
ぺ・ランは機械的、直線的な印象で、佐藤慶次郎はもっと生物的なイメージを受けた。
これは展示されている空間の違いにもよるのかもしれない。


そして壁には谷川俊太郎の詩が大きな字で書かれ。
並んでいるオブジェも一つの詩にも思えてくる。

“この愛らしい物の前で私たちは立ち止まる。これはいったい何だろうと問いかけとき、私たちは問いかける自分とは何かをも、同時に問うているのだ。(谷川俊太郎)”



思えばここ何年も公私ともに何かに衝き動かされるように走っていて、
常に何かを考え、いつも頭に熱を帯びているような状態が続いている。


そんな熱がしばしの間、どこかに抜ける感覚。


癒しとも、刺激とも違う、

ただ無になる。

そんな感覚。


実はもともと磁力や電気のテクニカルな原理を魅せる手法の興味から訪れた展覧会
でも、足を踏み入れてみたらそんな所期の目的を忘れ、その不思議空間に浸りきってしまった。


どんな装置かはこの映像をみてみればわかるけど、
この不思議な感覚は、実際の会場じゃないと味わえないだろう。



11月17日まで。


-------------------------------------
これなんだ

コレなんだ?佐藤慶次郎のつくった不思議なモノたち
会期:~2013年11月17日(日)
会場:小金井市立はけの森美術館(東京・武蔵小金井)休館日 月、10/15、11/5
概要:現象の発見の中から試行錯誤しながら生み出された佐藤のオブジェ。
   岐阜県美術館が所蔵する作品から約30点を展示し、そのユニークな作品世界を紹介。
URL:http://www.city.koganei.lg.jp/kakuka/shiminbu/shiminbunkaka/hakenomori/satoh.html

-------------------------------------


関連記事
.10 2013 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/634-561501b5

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター