サイエンスアゴラ2013雑感 あとで整理。

サイエンスアゴラ2013

日本科学未来館で開催されたサイエンスアゴラ2013年に参加した。

感想をまとめようとしてしたらすぐ1週間。

このままだと忘れてしまいそうなので感じたことをざっくり書いておく。



●雑感

研究機関それも研究プロジェクトの組織出展が目についた。
しかも対話型・体験型展示が多い。
自組織のリソース(オープンラボや展示会発表など)を上手く流用してそつなくブースが準備されていた。

企業CSR的出展はほぼない。

個人出展は肩身が狭そう。

基本的には楽しい科学。親しみのある技術。

一般受けしそうもない話題はシンポジウムかワークショップに寄っていた。

地域科学機関が(昨年の7Fのわかりにくい場所から)3Fの見通し良い場所に移り交流し易くなっていた。

産業技術研究センターの展示エリアの照明は暗過ぎだろう。

黒ラブ教授をそこらじゅうで見た。
パンダは見かけなかった。

いかにもJSTの担当者ですって格好の人をあまり見かけなかった。
立上げ初期の頃にいた熱い人達はほとんどいなくなって、そのころ関わっていた長老達はバックヤードに引いた感じ。

全般的に一般向けイベントとしてこなれてきた印象。

食事も場所も交流スペースも適度に用意されていた。


子どもは楽しかろう。
親子連れもそれなりに満足だろう。


もともと、食品に例えれば、フードショーとシェフの情報交換会と食品安全基準検討会議的なものを一緒の場所で無理やり同時開催していたようなイベント。
目的もターゲットもあやふやなままカオスの状態にして継続してきたイベント。


今年は、主催するJSTとそこに乗っかる出展者のベクトルがなんとなく一致したのか、
よりアウトリーチ的な比重をあげた形の一般受けしやすいある意味わかりやすいイベントになっていた。

もちろん
“つなぐ”系の動きを仕掛けたり、
“科学技術を伝える”ことについて真摯に語り合うような、
ブースや出展者もあるにはあっただけど。

科学に親しむイベントであって、科学に親しむ仕掛けを創る人のためのイベントではないのだなと感じた。



あくまで二日目に3時間ほどぷらぷらした印象。
『統括セッション』とかを覗いたらもう少しイメージも変わったのだろうか。


良くも悪くも、いいおっさんが一人で参加するようなイベントではなくなったなぁと。



●参加した時間枠出展プログラム
・Eb-951
 『広報官というお仕事~職業としての科学コミュニケーションはどこに向かうのか~』
・Bb-752
 『科学コミュニケーション活動の評価を考える』

●気になったブース
・016
 『理論物理の研究現場をのぞいてみよう!』
 理化学研究所
・083
 『サイエンスコミュニケーションクエスト』
 日本サイエンスコミュニケーション(JASC)若手の会
・217
 『みんなのぎもん』
 理科ハウス

●アゴラ参加当日朝の、とある親子の会話

 子「パパ、今日はどこにいくの?」
 親「未来館」
 子「未来館って?」
 親「上野じゃない方」
 子「あぁあそこね。先週もいかなかったっけ?
 親「あれはMakersっていう大人の工作のイベント」
 子「ふ~ん。で今日は?」
 親「ちょっとした科学イベントがあって、そこで話し合いとかしてくる」
 子「なに話し合いって?」
 親「科学について活動する人達の評価について」
 子「なにそれ。それはなにか意味があるの?」
 親「う~ん。何かしらの活動を続けていくにはきちんとした評価
   の仕組みが必要で、それがいま整理されてないからちゃんと
   考えていくことは意味があることなのだよ」
 子「ふ~ん。で、なんでパパがそんなことを考えるの?」
 親「えっ・・。あ。俺は仕事でも個人的にも科学ついて活動を
   している人を支援しているよね。支援している人たちが活動
   しやすい仕組みを考えていくことは大事なのだよ」
 子「よく意味わかんない」
 親「いや、まぁ話合いだけじゃなくても、他に面白いイベントとか
   いろいろやってるよ。ほら前に紙飛行機を飛ばしたりしたじゃん」
 子「覚えてない」
 親「あ、そう。クイズとか工作とはいろいろあるよ。一緒にいくか?」
 子「いいや。宿題あるし。独りでいってきて」
 親「・・・いってきます」


関連エントリー
サイエンスアゴラ2012雑感(整備された広場に抜けおちた何か) #sciagora12
サイエンスアゴラ2012 横串会特設サイト『横串フィールド.ネット』今年の取り組み
サイエンスアゴラでのネットツール活用変遷メモ
:サイエンスアゴラ横串フィールド.ネットも4年目だ。
:横串フィールド.ネットを今年も開設



関連記事
.17 2013 サイエンスコミュニケーション comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/635-fda21a91

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター