へたうまと奇想のはざまで 「江戸絵画の19世紀」

讃岐院眷属をして為朝をすくふ図


東京は府中にある府中市美術館で開催中の

 「春の江戸絵画祭り 江戸絵画の19世紀」展

に行ってきた。

西洋絵画の技法に興味を抱いた19世紀の日本画絵師たちの、試行錯誤の軌跡を辿る異色の展覧会。



今回の来館目的は歌川国芳の

《讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(部分)》

一点。

それ以外の作品は流し見するつもりでいったのだけど、
思いもかけず見入ってしまった作品多し。

微妙にバランスの崩れた人物画。
統一感のない花鳥図。
遠近感がおかしい風景画。

何か変だ。
いちいち目につき足が止まる。

また、キャプションの内容も気になる。
教科書的な内容ではなく、学芸員が感じた生の声が書かれていてつい読んでしまう。

以前見た板橋区立美術館のキャプションほどぶっ飛んではないが、

゛いくら想像の動物とはいえ、自由すぎではないでしょうか?”《雲竜図(魚屋北渓)》
゛しつこい”《七福神図(狩野一信)》
゛まったくもってへたうま”《坂田金時立身図(忍頂寺静村)》

等々、痛烈に好き放題。

でも、その絵がなぜ〝変”なのか、違和感の元をついてくれる。


゛へたうま”にあてられてフラフラしていると、どんと見慣れた絵師が現れる。
歌川国芳の絵は特色ごとにそれぞれのコーナーにちりばめられていて
歌川広重や北斎の有名どころの作品もしっかりと並べられている。

奇をてらったへたうま作品だけでないのがまた憎い。


当時の歴史文書もポイントポイントにおかれ、時代背景を理解するための助けになっていた。


奇想の絵師と言われた国芳や、大胆な構図が魅力の広重や北斎に至るまでの、江戸の系譜が垣間見れる。

奇想は突然現れたわけではなく、その前には舶来技術を見よう見まねで取り込んできた先人たちの泥臭い足跡があったのだ。

そうした格好悪い営みまでひっくるめて楽しめる。そんな展覧会。

5月6日(火)まで。

----------------------------------
春の江戸絵画まつり 江戸絵画の19世紀

春の江戸絵画まつり 江戸絵画の19世紀

会期:~5月6日(火)10:00~17:00 月曜休館
会場:府中市美術館(東京・府中)
概要:浮世絵、文人画、洋風画をはじめとするさまざまな作品を通して、江戸時代全体の特色と魅力を眺める展覧会。
URL:http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展示替えあり <歌川国芳 讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(部分)>後期4/15~5/6

----------------------------------

気になった作品リスト

《花鳥図(岡本秋暉)》
《通俗水滸伝豪傑百八人之一個 神機軍師朱武(歌川国芳)》
《捕鯨図(安田雷洲)》
《山海名産尽 紀州鯨(歌川国芳)》
《月の陰忍逢ふ夜 障子(歌川国貞)》
《富岳三十六景 山下白雨(葛飾北斎)》
《八代目市川団十郎の将門子息将軍太郎、初代坂東しうかの将門息女滝夜刃姫、十二代目市村羽左衛門の大宅太郎光国(歌川国芳)》
《夕涼み図(歌川国芳)》
《雪月花 月 武陽金沢八勝夜景(歌川広重)》
《東都橋場之図(歌川国芳)》
《名所江戸百景 大はしあたけの夕立(歌川広重)》
《富岳三十六景 凱風快晴(葛飾北斎)》
《相州江之島之図(歌川国芳)》
《諸国滝廻り 下野黒髪山きりふりの滝(葛飾北斎)》
《花卉草虫図(山本梅逸)》
《今様七小町(かよひ、きよ水、雨乞、そとは、関てら、あらひ、あふむ(歌川国芳)》
《讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(歌川国芳)》
《獅子・虎図屏風(岸駒・岸岱)》
《富士山登竜図(狩野永岳)》


●関連エントリー
「Light from Shadow Gold in Japanese Art」ホノルル美術館
浮世絵百科をつまみ喰い「大浮世絵展」
狩野さんがいっぱい 「江戸の狩野派-優美への革新」
明るい浮世絵も妙「浮世絵にみる北区の江戸時代」
丸の内で眺める江戸の風景 「浮世絵Floating World-珠玉の斎藤コレクション」
いろんな流派があるものだね。『ファインバーグコレクション 江戸絵画の奇跡』
「若冲が来てくれました」からボクも行って来きました。
朧月にため息 「琳派から日本画へ」
鮮やかに蘇るベロ藍 「あっぱれ北斎! 光の王国展」
自由すぎるキャプションに学芸員の遊び心を感じる「狩野派以外も大賑わい」展
大人のスタンプラリー 「江戸再発見 浮世絵スタンプラリー~富士山辺~」
春を先取り、「さくらいろいろ」展
職人たちが追及した用と美 「たくみのたくらみ」展は、展示の仕方もたくらみがいっぱい。
引き継がれる国芳の魅力 「はじまりは国芳-江戸スピリットのゆくえ-」
贅沢な浮世絵の風景画展 「北斎と広重 きそいあう江戸の風景展
粋で巧な『Design-江戸デザインの“巧・妙”』展は浮世絵好きにもおすすめ
血まみれだけでもない 「没後120年記念 月岡芳年」展
和の美 『ボストン美術館』展
江戸のスナップショット 「特別展 ホノルル美術館所属 北斎展」
幕末のONE PIECEがここに。『没後150年 歌川国芳展』
役者は揃っている。「写楽展」はあと三日

関連記事

2014/04/25 00:26 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |