リニューアルしたTARO空間 「創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ」

創造のゆりかご


耐震工事のために3か月ほど休館していた岡本太郎記念館。

リニューアル後の企画展

 「創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ」

に子どもを誘ってお邪魔してきた。



外観は何か大きく変わったかといわれると特に変化はない。

アトリエ展 (2)

ただ、エントランスにはいってみるとミュージアムショップは拡張されていて黒くシックな感じに。
色鮮やかな太郎グッズがよりいっそう際立っていた。

話題のあれも既に展示中。

超合金太陽の塔

既に予約してあるのは家族には内緒。

アトリエ展 (3)

展示室1には、このアトリエで最初に描いた作品《青空》と、最期に描いた作品《雷神》が並べられていた。

アトリエ展 (4)


アトリエ展 (5)

展示室2に入るとTAROが出迎えてくれる。
天井がガラス張りでかつ開放されていてとても明るいのだけど、こんな構造だったっけ?

アトリエ展 (6)

子どもたちが等身大の太郎人形ではしゃいでいる間に上から庭を眺めていたら、アート引越センターが。

アトリエ展 (7)

なんと作品の搬入。

アトリエ展 (8)

これは《さかな》だ。
確か、岡本太郎美術館の企画展のほうで展示されていた気がするが何体もあるのかな。

P1150700.jpg

学芸員さんに指示されて庭の奥に設置される。
あっという間に記念館の庭に溶け込む。

珍しい機会に出くわしてちょっと得した気分。


誘ったときは、

「パパの部屋にあるあの変な顔の奴でしょ」
「そんなの見に行って楽しいの?」
「早く<たんぽぽ※行こうよ」

と、ブーブーついてきた子どもたちも、庭に出るころにはすっかり太郎作品にはまっていた。(洗脳成功)


帰り際、太郎に触発されたか、エントランスに置かれたスケッチブックでお絵かきを始める子ども達。

さすが『創造のゆりかご』

せっかくなので自分も書いてみる。

太陽の塔3

うん。たぶん、俺のが一番うまい。


----------------------------------
創造のゆりかご

創造のゆりかご ―岡本太郎のアトリエ』展

会期:~2014年6月30日(月)10:00~18:00 火曜休館
会場:岡本太郎記念館(東京・表参道)
概要:南青山のアトリエ建設とその後の創作活動を象徴する作品を展示。あわせてTARO空間を体感できるコーナーも設置。
URL:http://www.taro-okamoto.or.jp/exhibition.html

----------------------------------

関連エントリー
やだ、これ欲しい! 「超合金 太陽の塔のロボ」(追記あり)
閉じ込められた太郎作品 「第16回岡本太郎現代芸術賞 受賞作家作品展示 加藤智大 『太陽と鉄』」
常設展なのに企画展 『岡本太郎-顔と仮面』
岡本太郎記念館に「宇宙」現る。 一夜限りのスペシャルイベント『One Night Illusion』は2013年10月12日
Taro Passport メンバーになっていつでも太郎を。
衝動から実現まで、作品に込められた太郎の想いとは。岡本太郎美術館
夏までに見にいきたい岡本太郎3本立て(2013)
バーチャル岡本太郎記念館 Taro cruise 360°
消された作品が蘇る 太郎発掘展
路地裏に岡本太郎 『TAROが町にやってくる!』
一夜限りの幻想風景 岡本太郎記念館 『One Night Illusion』(2012.10.07)
叫ぶ「岡本太郎の50年」展
大きさ実感 「太陽の塔 黄金の顔」
岡本太郎記念館をジャック 『ヤノベケンジ:太陽の子・太郎の子』展
岡本太郎が暮らしたアトリエ 『岡本太郎記念館』
太郎のパブリックアートが集合『川崎市岡本太郎美術館』
何だこれは!『岡本太郎展』メモ


関連記事
.20 2014 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/668-ab87f6e7

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター