スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

サイエンスサロンっていうのもいいね。

salon.jpg
昨年10月から通っていた国立科学博物館の連続講座

Friday Naight Science
大学生のための技術史講座「日本のものつくりの目指すもの」


先日最終回が終わった。

いままで歴史なんて、ましてや技術史なんてまったく興味はなかったが、
一昨年受けた国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ講座
で指導して下さった方が技術史の研究者で、その方の話を何度か聞いていたら
”技術の時間的な繋がり”ってのも面白いなと考えるようになった。

ある技術を伝えるとき、ただそのテクニカルな部分だけを伝えるのと、
多少遠周りしてでも、その技術が必要とされている背景、理由、
比較技術を説明したうえで伝えるのでは”腑の落ち方”が違う。

更に、脈々と続いてきた歴史を紐解きながら伝えることができれば、
もっと理解は深まるだろう。

そんなこんなで、テクニカルコミュニケーションの勉強半分、
単純に知的好奇心を満たすの半分で受講してみた。

本講座は国立の博物館の研究成果を教育事業として発信していく
位置付けとなっているために、受講対象は主に学生となっているが、
社会人が受けても十分満足のいくものであった。

毎回著名な研究員の方が様々な視点から技術史に関して語る。
少人数でフリートークの時間もかなりあり、
講座というよりも、サロンという感じ。

参加する個人としては研究者の方に対して積極的に
インスピレーションを与える必要は無いわけで、
純粋に知りたいことをこちらが吸収できれば良い。
かといってただ聞いているだけならE-ラーニングでも良かったりして、
やはり”生”の迫力と、興味が湧いたら話もできるこうした
サロン的雰囲気が私は心地よかったりする。

講義と違って、研究機関のアウトリーチ活動や
サイエンスカフェなどは、その主催者によって目的もまた違ってくるの
だろうが、参加者に対してはこの心地よさを提供しつつ、
かつ、主催者側のそれぞれの目的(ゲストへのインスピレーションや、
参加者への情報提供/理解増進)を達成させることができれば
良いのだろうな。

サイエンスサロンってな名前にすれば、また違った層の参加者があつまるかも。
アフター5のサラリーマンとか。
響き的に会費も少々高めに設定できるかな・・・

そう思って試しにググってみたら、あれ・・既にやっていた。
しかもこれ参加した記憶があるな。
   >サイエンスサロン
   >「芸術と科学はどう結びつくのか?」

関連記事

2009/01/18 02:43 | テクニカルコミュニケーションCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。