スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

等身大の迫力と魅力 「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」

華麗なるジャポニスム展

東京は世田谷の世田谷美術館で開催中の

 「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」

を堪能してきた。

展示会に足を運ぶ醍醐味は何と言っても実物をこの目で見られるということだ。


ネットワークやデジタル技術が発達した現代にあっても、素材感、技法の妙、作品の醸し出す雰囲気などは現物にはまだまだ叶わない。

そして活字や映像を通じた情報と、実物から受ける印象で一番大きいのは、単純ではあるがそのサイズ感である。

本展の目玉であるクロード・モネの大作《ラ・ジャポネーズ》には、まさにそのサイズ感、大きさに圧倒された。

元々、本作品を目的で訪れた展覧会。
それでも、いざその実物と対峙すると言葉を失う。

薄暗い部屋の奥の少し高い位置に飾られた《ラ・ジャポネーズ》。
見上げたその作品は、等身大よりさらに一回り程大きく描かれた女性。
モデルはモネの妻、カミーユ・モネだ。
いたずらな微笑みを浮かべ舞うカミーユがまとう着物は鮮やかな赤でビロードにも似た厚手の質感を醸し出す。
着物に施された武者絵の刺繍はまるで動き出すかのような立体感。
これまた精巧に描かれたござの敷かれたその部屋でポーズをとっているカミーユを、まさに今モネの視点で見ているような錯覚に陥った。

本展開催にあたり、一年をかけて修復されたという《ラ・ジャポネーズ》

この作品だけを観に行っても損はないと思わせる存在感だった。



もちろん展覧会としての趣旨は等身大とは別にある。
本展は、印象派を魅了しジャポニスムという現象を起こした浮世絵を中心とした日本の美術作品と、その影響を受けた西洋の作品が並べて展示されていて、大胆なデフォルメ、アンシンメトリーや俯瞰構図、影により光、断片により全体を見せる手法などなど日本の美を西洋の画家たちがどのように取り入れたのかを検証できる展示となっている。
本当にこれとこれが関連あるのかよと斜めにみたくなる組合せも正直あったが、作品に施された技巧、独特の色彩など、実物ならでは感じられることも多々あり、なかなか興味深い展覧会だった。

気になった作品

《名所江戸百景 亀戸梅屋舗(歌川広重)》
《『富嶽百景』初編、二編(葛飾北斎)》
《インクスタンド(ブシュロン社 ポール・ルグラン》)
《名所江戸百景 水道橋駿河台(歌川広重)》
《鯛の滝登り打掛の花魁(渓齋英泉)》
《当盛十花撰 夏菊(二代目沢村訥升、初代沢村由次郎)(歌川国貞[三代豊国]・歌川広重)》
《八百屋娘於七 岩井粂三郎 燕子(三代目岩井粂三郎)(歌川国貞[三代豊国])》
《魚介図鐔(石黒政美)》
《蛸に貝図鐔(一雲齋秀氏)》
《12枚組ポストカード(四大元素)より《空気》《水》《水》《火》(ジスベール・コンバズ ディートリッヒ社)》
《ブルー・オリーン扇型花瓶(フレデリック・C・カーダー)》
《雪に映える朝日、エラニー=シュル=エプト(カミーユ・ピサロ)》

------------------------------------------
ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展
会期:2014年6月28日(土)~9月15日(月・祝)10:00-18:00 月曜休館
会場:世田谷美術館 1・2階展示
概要:モネの大作《ラ・ジャポネーズ》を始め、ボストン美術館所蔵の絵画、写真、工芸など約150点を紹介し、西洋の芸術家たちが、日本の美術から何を学び、新たな美を創造したのかを様々な角度から検証。
URL:http://www.boston-japonisme.jp/

------------------------------------------

関連記事

2014/08/17 00:30 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。