行きたい博物館・美術館メモ(2014年残暑~初秋)(いくつか追加)

夏

いつまで続くこの暑さ。
入ってしまえば涼しいけど、行くまで暑いミュージアム。

日本画にデザイン、現代アート
太郎に北斎にエルリッヒ。
ギャラリー系も追加。

まだまだ行きたい博物館美術館メモ

-----------------------------
世界の宝

現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより
会期:2014年6月20日(金)~8月24日(日)10:00-17:00 (金曜日-20:00)月曜休館
会場:東京国立近代美術館(東京・竹橋)
概要:現代美術の挑戦者であり中核( ハードコア!)と言える約40作家、約75点の作品が展示される。展示作品の保険評価額の総額は、信じられないくらい高額。
URL:http://sekainotakara.com/

-----------------------------
日本の美を極める

日本の美を極める -近代絵画が彩る四季・花鳥・風情-
会期:2014年8月8日(金)~8月31日(日) 9:30~18:30
会場:ホテルオークラ別館地下2階(東京・神谷町)
概要:日本独自の美意識が息づく日本近代絵画を、「四季」「花鳥」「風情」とういうキーワードとともに紹介。
URL:http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/special/art2014/

-----------------------------
スズキユウリ

スズキユウリ"Playing with Sound"
会期:2014年8月22日(金)~9月23日(火)11:00分~20:00
会場:ポーラ ミュージアム アネックス(東京・銀座)
概要:音と人の関係性のデザインを探求するサウンドアーティスト兼プロダクトデザイナー、スズキユウリによる日本初の大型個展。
URL:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/index.html

-----------------------------
日本SF

日本SF展・SFの国
会期:2014年7月19日(土)~9月28日(日)月曜休館
会場:世田谷文学館2階展示室(東京・芦花公園(ろかこうえん))
概要:SF作家たちがSFという表現を信じ、私たちになにを、どのように伝えようとしたのか時代背景や多彩な資料から読み解く。
URL:http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

-----------------------------
「いろ・かたち・ひびき 岡本太郎の造形」展

いろ・かたち・ひびき 岡本太郎の造形
会期:2014年7月10日(木)~10月5日(日)9:30~17:00 月曜休館
会場:岡本太郎美術館(神奈川・向ヶ丘遊園)
概要:岡本太郎の造形が、来館者の中にどのようなイメージを喚起するのか、作品との対話を楽しむ展示
URL:http://www.taromuseum.jp/exhibition/collection.html

-----------------------------
レアンドロ・エルリッヒ展

レアンドロ・エルリッヒ展 - Fragments of Illusion -
会期:2014年9月5日(金)~10月5日(日) 11:00~19:00 月曜休館
会場:アートフロントギャラリー(東京・渋谷)
概要:レアンドロ・エルリッヒの作品の魅力をよりコンパクトに凝縮したかたちで展覧。今展のために制作された新作を中心に発表。
URL:http://artfrontgallery.com/exhibition/archive/2014_09/1310.html

-----------------------------
アートスコープ2012-2014

アート・スコープ2012-2014
会期:~2014年10月13日(月・祝)月曜休館 11:00-17:00 (水曜)-20:00
会場:原美術館(東京・品川)
概要:2012年にドイツから招聘したリタ・ヘンゼンとベネディクト・パーテンハイマー、2013年に日本から派遣した今村遼佑と大野智史による旅の経験を表現としての作品に結実させる4者4様のアプローチ
URL:http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/54f1NSeriaUn2byp67Al/

-----------------------------
美展16

美祭16
会期:2014年10月11日(土)~10月19日(日)10:00~18:00
会場:加島美術(東京・京橋)
概要:主に江戸期から現代までの日本画、油彩画、墨跡、陶芸など総数約450点の作品を取り揃え。
URL:http://kashima-arts.co.jp/events/

-----------------------------
没後150年記念 歌川国貞

没後150年記念 歌川国貞
会期:【前期】10/1(水)~10/26(日)【後期】10/31(金)~11/24(月・祝)10:30~17:30 月曜休館
会場:太田記念美術館(東京・表参道)
概要:没後150年の国貞の膨大な作品の中から名品のみを選りすぐり、その画業の全貌に迫る今までにない回顧展
URL:http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H261011utagawakunisada.html

-----------------------------
ムサビのデザインⅣ

ムサビのデザインⅣ 1980-1990’s:エットレ・ソットサスとヌオーヴォ・デザイン
会期:2014年9月8日(月)-10月27日(月)10:00~18:00 日曜・祝日休館
会場:武蔵野美術大学美術館(東京・国分寺)
概要:所蔵作品からデザインの核心に迫る「ムサビのデザイン」シリーズ。イタリアの建築家・デザイナーとして活躍したエットレ・ソットサス(1917-2007)が、1990年に発表した照明27点を中心に紹介。
URL:http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/7987

-----------------------------
the-mirror.jpg

THE MIRROR Hold the Mirror up to nature
会期:2014年10月16日~11月9日
会場:銀座4丁目 THE MIRROR館(名古屋商工会館)(東京・銀座)
概要:銀座で取り壊し予定ビルを使ったアートイベント。
URL:http://the-mirror-ginza.com/
※完全予約制

-----------------------------
浮世絵名品展 北斎

ボストン美術館浮世絵名品展 北斎
会期:2014年9月13日(土)~11月9日(日)10:00~17:00(金 20:00)月曜休館
会場:上野の森美術館(東京・上野)
概要:本が世界に誇る北斎の魅力に、世界屈指の日本美術コレクションで知られる米国・ボストン美術館の作品から迫る。
URL:http://ukiyoe.exhn.jp/

-----------------------------
輝ける金と銀

輝ける金と銀-琳派から加山又造まで-
会期:2014年9月23日(火・祝)~11月16日(日)月曜休館 前期:9月23日~10月19日、後期:10月21日~11月16日
会場:山種美術館(東京・恵比寿)
概要:金と銀の使用法がひときわ多彩になる明治時代以降の日本画に焦点をあてた展覧会。
URL:http://www.yamatane-museum.jp/

-----------------------------
ARCHEOLOGY OF THE FUTURE ー 未来の考古学

ARCHEOLOGY OF THE FUTURE ー 未来の考古学
会期:2014年8月22日(金) ~11月14日(金)11:30-21:00 不定休
会場:DIESEL ART GALLERY (DIESEL SHIBUYA内)(東京・渋谷)http://www.cocoti.net/access/
概要:宇宙、科学、テクノロジーがもたらす神秘に魅了された写真家、ヴァンサン・フルニエの世界。写真や映像・3Dスカルプチャーなど、作品展示数30点を超す大規模な個展。
URL:http://www.diesel.co.jp/art/archeology-of-the-future/

-----------------------------
クリエイションの未来展

クリエイションの未来展 第1回清水敏男監修 『木村恒介展 -光素(エーテル)の呼吸-』Kimura Kohsuke Exhibition
会期:~2014年11月24日(月)水曜休館 10:00~18:00
会場:LIXILギャラリー(東京・銀座)
概要:現代美術家 木村恒介の巨大なミラーを使ったインスタレーション作品1点を含む新作4点を展示す。
URL:http://www1.lixil.co.jp/gallery/contemporary/detail/d_002918.html

-----------------------------
関連記事
.21 2014 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/686-fcf68bcb

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター