スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

職の魅力。磨いて伝えていかないと。

work.jpg

産業観光に興味を持ち出してから観光系大学も気になっていた。
ちょっと前のことになるが、観光系大学に関連するこんなニュースを見た。

「観光系大学」看板倒れ 授業内容にギャップ 求む!マーケティング能力          
                                   産経ニュース2009.1.10

一部記事を抜粋すると

 >「観光立国」を目指し昨年10月に発足した観光庁が“旗振り役”として期待する
>「観光系大学」で、観光業界に就職する卒業生が2割にとどまっている。
>経営能力を期待する業界に対し、大学のカリキュラムは歴史や地理重視
 >とギャップがあるのが要因。観光庁は「業界が求める人材を育てられていない」
>として、大学のモデルカリキュラム作りに乗り出した。(滝口亜希)

とある。

一方で

 >景気悪化の影響で苦戦を強いられている観光業界からは
>「経営が厳しい中で、一人でも専門性のある人材がほしい」
>という声が寄せられ、「人材ニーズはむしろ高まっている」(観光庁)。


ともある。

専門性が欲しいのか?、経営能力が欲しいのか?

このニュースを見た時は
マーケティング能力や経営能力なんてものは、何も観光産業に
特化した能力ではないのだから、観光系大学のカリキュラム云々
ではないだろう。くらいのことを思って、そのまま忘れていた。

しかし久しぶりにのぞいた
大学プロデューサーズ・ノートの倉部史記(マイスター)さんのブログでは
もっと根本的な問題を指摘されていた。

「『観光系大学』看板倒れ 授業内容にギャップ」の報道から考えたこと」

によると、

 >観光業界に就職する学生が伸びないのは、純粋に、観光業の人気が
  >ないからではないかと思うのですが。
   (省略)
  >学生達の支持を集められていないということであるのなら、まず企業は、
 >自社の問題点を振り返ってみる必要があるのではないでしょうか。


と、観光産業界や観光庁の態度に疑問を呈している。
(後半で大学側の対応も言及している)

うーん確かに。

情報分野の人材不足しかり、理科や工学ばなれを嘆いていても駄目で、
業界に魅力がなければなぁ。

もちろん学ぶことは就職のためが全てではないが・・・
魅力がある業界に興味をもつことで、知識を学ぶモチベーションとなり、
表面的な業界の知識と現状とのギャップを知る。
その上で、ギャップを乗り越えるだけの価値のある魅力があれば、
更に深く学ぶことができるであろう。

職の魅力を高めることと、それの魅力を伝えていくことは、
各産業界というより、全ての社会人の責務になるのかな。

小職は3K,10Kとも言われるIT業界。
次代を担う学生達が希望を持てる魅力を磨いていかないと。





関連記事

2009/01/21 19:16 | テクニカルコミュニケーションCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

職の魅力

私は、おそらく最近の観光系大学の科目のひとつに入っていると思われる「コンベンション」業界で働いていますが、この業界は世の中に認知度が低いと思います(裏方なので仕方がないかもしれませんが)。職の魅力、伝えられるようになりたいです。仕事を通して、研究者の方にも、施工会社さん、印刷会社さん、映像会社さんにも、、本当に色々な人と出会い、おもしろい仕事だと思っていますが、自分の仕事の魅力はどう伝えていったらよいのでしょうね。。
専門性のある人材、というよりは、現場力のある人材、自分がなんとかするという気持ちを持ち行動できる人材、飛び込んで行って調整できる人材が求められると思います。初めからはもちろんできなくて、色々と揉まれるうちに力がついていきます。最後はやっぱりコミュニケーションでしょうか。私もまだまだ日々学び中です。

No:11 2009/01/21 23:00 | いな #- URL [ 編集 ]

はたらくおじさんの魅力

コメントありがとうございます。

私のやってる試作ソフトウェア開発も裏方黒子仕事なうえに、研究開発プロデュース業なるものも特に産業分類上で整理されている職種ではないのでいつも説明には苦慮してます・・・

職の認知度を上げるには、業界による啓蒙、企業のPR、個人からの発信等、テクニック的なものはいろいろあるとは思いますが、これはおいといて。
職の魅力を上げるのになによりもまず大事なのはその職についている人が自分の職に惚れ込んでいることではないでしょうかね?

なにかのきっかけでその職を知ったとき、そこで働いている人が、生き生きと輝いていたらひきこまれますよね。
この辺のオーラを出すことが伝わることに繋がる気がします。
(とても非科学的なブリッジマン論)
もちろんイメージの裏にある詳細な業務内容を伝えることも必要なことではありますが。

『はたらくおじさん』(古い番組なのですが知ってますか?)のおじさんにでもなれればなと。

私も日々勉強中です。

No:12 2009/01/23 15:38 | m322 #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。