2014年 展覧会で心惹かれたベスト15作品

太陽の塔 後

今年もあともう少し。

巷では今年の展覧会ベスト的なエントリーが盛ん。

2014年 展覧会ベスト10( 弐代目・青い日記帳 )
  青い日記帳、10周年なのですね。いつも楽しみにしております。

自分はどうだろうと、ふと考えてみたが、展覧会より作品そのものの方が先に思い浮かんだ。

ということで、今年で初めて出会って魅了された作品を中心に

「2014年 展覧会で心惹かれた作品ベスト15」

をピックアップ。

古今東西平面立体ごっちゃまぜ。



1.《ラ・ジャポネーズ(クロード・モネ)》
  :『ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展』(世田谷美術館

2.《Universe of Water Particles under Satellite’s Gravity / 憑依する滝、人工衛星の重力(チームラボ)》
  :『ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて』(東京都現代美術館

3.《端午の節句(葛飾北斎)》
  :『大浮世絵展』(江戸東京博物館

4.《土偶(仮面の女神)》
  :『日本国宝展』(東京国立博物館

5.《観客の移動による仮想の形態(ジュリオ・ル・パルク)》
  :『不思議な動き キネティック・アート展 ~動く・光る・目の錯覚~ 』(東郷青児美術館

6.《雲龍図(海北友松)》
  :『栄西と建仁寺』(東京国立博物館

7.《雲のアルペジオ(川田祐子)》
  :『クインテット-五つ星の作家たち』(損保ジャパン東郷青児美術館

8.《Liminal Air Space-Time(大巻伸嗣)》
  :『TARO賞の作家Ⅱ』(川崎市岡本太郎美術館)

9.《絵画2007年3月26日(ピエール・スラージュ)》
  :『ブリジストン美術館コレクション展示-印象派から抽象絵画まで-』(ブリジストン美術館)

10.《FOGSCAPE #47412(中谷芙二子)》
  :『札幌国際芸術祭2014』(札幌芸術の森美術館)

11.《濤と鶴(加山又造)》
  :『【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―』(山種美術館)

12.《鳳凰図屏風(狩野派 )》
  :『江戸絵画の真髄 ─秘蔵の若冲、蕭白、応挙、呉春の名品、初公開 !!─』(東京富士美術館)

13.《神像つきの椅子「カワ・トゥギトゥ」》
  :『イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる』(国立新美術館)

14.《讃岐院眷属をして為朝をすくふ図(部分)(歌川国芳)》
  :『春の江戸絵画祭り 江戸絵画の19世紀展』(府中市美術館)

15.《御あつらへ三色弁慶(歌川国貞)》
  :『没後150年記念 歌川国貞』(太田記念美術館)



展覧会や企画展ではないけど、インパクトのあった作品はやはりこれ。

太陽の塔 (1)
太陽の塔:万博記念公園

写真では散々見ていたけど、本物の太郎作品は抱いていた印象の遥か上をいっていた。


来年はどんな作品に出会えるかな。



関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2014年 展覧会ベスト10

午年もあと残すところ2日となりました。 「青い日記帳」を書き始めて、今年で10年を迎えることが出来た一年であると共に、様々なことにチャレンジした一年でもありました。応援して下さる皆さまあってのこととあらためて感謝申し上げます。 さて、昨年同様公私ともに何かと身の回りが慌ただしく、中々思うように展覧会に足を運ぶことの出来ない一年ではありましたが、やはり展覧会総括として「2014年 ...

コメントの投稿

非公開コメント

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事
●全ての記事はこちら
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
タグcloud
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード