スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

新春を感じに。「雪と月と花-国宝「雪松図」と四季の草花-」

雪と月と花


東京は三井記念美術館で開催中の

雪と月と花-国宝「雪松図」と四季の草花-

を観てきた。

訳あって正月の祝い事をしなかった今年の年始。
年が改まった気がしない気持ちを盛り上げるため、
この季節だけ、お披露目されるという国宝《雪松図屏風(円山応挙)》を観に。



本企画展は、三井家ゆかりの雪月花に関連する絵画、工芸品が集められた展覧会だ。

入り口を入り展示室1,2には、器や茶器が並ぶ。

先日まで東博の国宝展で展示されていた《国宝 志野茶碗 銘卯花墻》より、黒光りする《黒楽茶碗 銘雪夜(道入)》の方が個人的には好み。

茶室がある展示室3を抜けると、展示室4。
左右前方に大型の屏風・襖絵が並べれ、正面には目玉の《雪松図屏風(円山応挙)》がどどんと展示されていた。

三井記念美術館で一番大きなこの部屋は国宝である《雪松図屏風》を展示するために設計された展示室らしい。
入り口からの位置は屏風に描かれた松が最も美しく鑑賞できる距離が計算され、ケースのガラス枠も絵を邪魔しないようにサイズが最適化されているとのこと。

《雪松図屏風》は、近くで見ると松の葉などは大雑把に書かれているのに、遠目で見ると写実的になるから不思議。
描いた応挙もこうして展示されることを意識していたのだろうか。


静かに張りつめた雪の空気感が新年の改まりを感じさせてくれた。


こちらは新春と言うより秋の絵だが、変わり種の襖絵、《秋草に兎図襖(酒井抱一)》が興味深い。

秋草に兎図襖

斜めにした木目を襖の地にして、風を表現した手法が面白い。
家に居ながら風の中に身を投じているような感覚を抱かせる。

以前、横浜美術館の『魅惑のニッポン木版画』展で見かけた、現代版画家の桐月沙樹さんの木目をそのまま背景に使った作品をふと思い出した。

《花鳥動物図11幅》も大型の掛け軸で見ごたえがある。
特に、《花鳥動物図11幅の内(枇杷寿帯図)》の寿帯鳥が枇杷を狙う様の構図が絶妙。
寿帯鳥って何?と思って後から調べたらあまり有効な情報が見つからない。一説には中国からヒマラヤにかけて、平地から山岳地帯まで広く生息している鳥のことを言うらしい。一度つがいになると一生添い遂げることから、夫婦円満の象徴とされているとのこと。その名の通りめでたさをまとった鳥ってことですな。

展示室5には、超絶ものの工芸品。

波打つ紋様が美しい《玉川蒔絵硯箱・文台》 
三井鉱山から採れた鉱物をはめ込んだ博物館資料的《月宮殿蒔絵水晶台(象彦)》
などなど、いずれもこれとても日常的に使えないよね的精巧かつ豪華さ。

展示室6は浮世絵展示。

分かり易い國貞の3枚組。《大江戸日日三千両繁栄之為市 雪・月・花(国貞(2代))》

最後の部屋、展示室7の着物《紅繻子地観世水扇面散模様縫箔》 も見事。


これだけのものを民間の私企業(グループ)が保管維持し続けているってことに改めて感心。

1月24日まで。

-------------------------------------------
雪と月と花~国宝「雪松図」と四季の草花~

雪と月と花~国宝「雪松図」と四季の草花~
会期:2014年12月11日(木)~2015年1月24日(土)
会場:三井記念美術館(東京・銀座)
概要:重要文化財の「日月松鶴図屏風」をはじめ、近年寄贈された「檜・槇・秋草図襖」や原羊遊斎作「春秋野蒔絵引戸」など、展示室は雪月花で彩られる。
URL:http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index2.html

-------------------------------------------

関連記事

2015/01/11 17:30 | 展示COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。