スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

美術館で自然観察会。「青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 『花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―』」 #花と鳥展

花と鳥展 (54)

東京は山種美術館で開催されたブロガー内覧会。

青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会
『花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―』(@山種美術館)をリアルタイムでレポートしよう!


に参加してきた。

※本エントリーの写真は館の許可をいただいた上で撮影・掲載してます。



昨年10月に開催された「山種美術館 ブロガー内覧会「【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―」(@山種美術館)をリアルタイムでレポートしよう!」に続き2回目のブロガー内覧会の参加。

 >二度見した「【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―」 #金と銀展


前回と同じく、山崎館長のギャラリートーク。
補助資料を使った丁寧な説明や、作者の関係者から直接聞いた裏話などを交えた話に興味は尽きない。
花と鳥展 (9)

一通り説明を聴いた後は、(一部作品を除き)撮影可の貸切自由鑑賞会の開始。

写実的な作品から、構図や色に工夫を暮らした装飾性豊かな作風にいたるまでバラエティ豊かな花鳥画の展覧会だけあって、美術館でありながら、ちょっとした自然観察会風。

作品を覗きこんで接写をしていると、なんだか本当に自然観察をしている気分になってくる。

花と鳥展 (18)
《翠苔緑芝(速水御舟)》

花と鳥展 (28)
《百花(部分)(田能村直入)》


その中でも一番目を惹かれたのはやはり鈴木其一の作品。

花と鳥展 (43)
《四季花鳥図(鈴木其一)》

一隻の中に春夏秋冬の草花をギュッと入れ込んでいるのになぜかゴチャゴチャ感のない絶妙な構図。
花と鳥展 (8)

その草花の中を覗き込むと、何と鶏の親子や鴨?が戯れていた。
花と鳥展 (41)

鈴木其一というと、朝顔を始めとした凛とした草花の人のイメージがあったが、こうした動物も描く人だということを今回発見。
花と鳥展 (7)




花と鳥展 (47)
ちなみに、琳派の人の落款は○の形をしているらしい。館長トークで教えていただいた。


他に目を惹かれたのがこの作品。
花と鳥展 (32)
《晨雪(西村五雲)》

初めて知る作家。鳥がとまった枝からはらはらと舞い落ちる雪の様子が見事に描かれていた。
花と鳥展 (33)

そして、以前の展覧会で見てその作品背景含めて気に行ってポスターカードを買って帰った御舟の作品も展示されていた。
花と鳥展 (14)
《桃花(速水御舟)》

リアルな桃の花。御舟の有名作品《炎舞》とは違って、ほんわりとした春っぽい絵。
なるほど節句に娘に贈った絵とかで、温かみを感じる作品。


また、日本画でいつも感心する朧月が書かれた絵。
花と鳥展 (51)
《月四題のうち「春」(菱田春草)》

接写よりも遠くから見た方が月がハッキリと見えるのがまた不思議。
花と鳥展 (52)



最後は、カフェ椿でのトークタイム。
展覧会出品作品にちなんだ菊家オリジナル和菓子をいただきながら、
今回の企画者である「弐代目・青い日記帳」のTak(たけ) (@taktwi) さんのミニレクチャーを受ける。
花と鳥展 (58)
速水御舟の《桃花》をモチーフにした《春の予感》


今回も貴重な機会をありがとうございました。


画家たちが感じとった自然をそれぞれの技法で画面に落としこんだ作品。
その作品の中の草花や鳥たちを観て作家の自然へのまなざしを追体験できる時間を越えた観賞会的展覧会。

4月12日まで。

------------------------------------------
花と鳥の万華鏡

花と鳥の万華鏡 ―御舟・春草の花、栖鳳・松篁の鳥―
会期:2015年2月11日(水・祝)~4月12日(日)10:00-17:00 月曜休館
会場:山種美術館(東京・恵比寿)
概要:花の表現に新たな技法で挑んだ菱田春草《白牡丹》や速水御舟《翠苔緑芝》、鳥の姿を徹底した観察に基づき描写した竹内栖鳳の《みゝづく》や上村松篁《白孔雀》など、当館所蔵の優品を選りすぐって紹介。
URL:http://www.yamatane-museum.jp/

------------------------------------------

関連エントリー
二度見した「【特別展】輝ける金と銀―琳派から加山又造まで―」 #金と銀展
観てきたけどそれっきりの展覧会で気になった作品とりあえずメモ(2014冬~春)
6月前半には終わっちゃう特別展(国宝大神社展、グレートジャーニー展、江戸人展、ラファエロ展、百花繚乱展)まとめてメモ
朧月にため息 「琳派から日本画へ」

関連記事

2015/02/26 02:00 | 展示COMMENT(2)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

こんばんは。

TBありがとうございました。
また内覧会にご参加下さっただけでなく、こんなに丁寧な記事を書いて下さり感謝感謝です。

ありがとうございました。

No:156 2015/02/26 21:20 | Tak #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

Takさんブログ経由で、このイベント知りました。
こちらこそありがとうございました。


> こんばんは。
>
> TBありがとうございました。
> また内覧会にご参加下さっただけでなく、こんなに丁寧な記事を書いて下さり感謝感謝です。
>
> ありがとうございました。

No:157 2015/03/01 15:29 | k_2106 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2015/02/26 | 弐代目・青い日記帳  |

「花と鳥の万華鏡」展

山種美術館「花と鳥の万華鏡」展 ブロガー内覧会を盛況のうちに終了することが出来ました。参加して下さった皆さま、遅くまで残って下さった山種美術館のスタッフの方々、ありがとうございました。 山種美術館「花と鳥の万華鏡 ―春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥―」展ブロガー内覧会
Facebook特設ページはこちらです
→ https://t.co/leUjci9kep&...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。