スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

現代の匠集団「アダチ版画研究所」のショールームに足を踏み入れてみた。

木版アダチショールーム

美しい浮世絵版画を見るたびに思う。
絵師のデザインセンスはもちろん素晴らしいのだけど、そのデザインを和紙に落としていく彫師、摺師の超絶技術あっての浮世絵版画だよねと。

しかしながら彫師も摺師も彼らの名前が表にでることはあまりない。落款に残るのは絵師の名前がほとんどである。

そんな裏方職人の技を現在に蘇らせる匠の集団がいる。
彫師と摺師が共に作業する日本唯一の木版工房「アダチ版画研究所」だ。

その「アダチ版画研究所」が母体となり伝統木版技術の保存活動を行っている財団が設立20周年を迎えたのを機に、設立20周年記念の企画展が開催されていることを知り、東京は目白の工房にあるショールームをのぞいてきた。





現代の浮世絵「新東都名所」浮世絵傑作10撰

企画展は3期に分かれていて、第一段は

 「山口晃氏が描く!選ぶ!語る!現代の浮世絵「新東都名所」&浮世絵傑作10撰

大和絵や浮世絵のようなタッチで、現代の建築物などを描き込む画風で知られる現代美術家である山口晃氏が、自身の作品と共に、江戸の浮世絵を10点選び展示
歌麿に写楽、北斎と広重、国芳など、有名どころの作品に対して山口氏独自の視点からコメントが加えられていた。

展示されている作品はもちろん、「アダチ版画研究所」製作。
復刻版だけに色がとても鮮やかなのが印象的。

特に歌川広重の《白梅に寿帯鳥》の美しさには心奪われた。

枝と鳥の配置のバランス。
上部の薄紅色から桃色、下部に向けての水色から薄い藍色にいたるまでのグラデーション。
その上に浮かび上がる寿帯鳥のふわっとした頭部(絵の具をつけずに摺る空摺という技法が使われているらしい)

広重は北斎に比べてなんとなくぼやっと薄いイメージがあったが、こうして復刻された鮮やかな奴をみさせられるとイメージも変わる。

思わず3度見くらいしてしまった。

こじんまりとしたショールーム内には、制作風景の映像が流れ、他にも摺りの技術説明や、道具の展示展示されていた。
企画展以外にも、季節に応じた作品を飾っている。


係りの方がとても自然に案内してくれるので、ゆったりした気分で見て回れる。
洋服屋で声をかけられるが大嫌いな自分だが、そのあまりの心地よさに、もし「買いますか?」と問われたら、思わず「買います」と応えているところだった。

ショールームの上には実際の工房があり、年に数回公開製作もするらしい。

ギャラリーやショールームは、購入目的がないとなんとなく足を踏み入れ辛いが、企画展があると気持ちの敷居がさがるからお薦め。

3月15日まで。
----------------

『<企画展> 山口晃氏が描く!選ぶ!語る!現代の浮世絵「新東都名所」&浮世絵傑作10撰』
会期:2015年3月3日(火)~3月15日(日)【月曜・祝日休】火~金 10:00-18:00/土・日 10:00-17:00
会場:アダチ版画研究所目白ショールーム(東京・目白)
    ※目白駅から少し歩いた住宅街の中だけど、分かり易い案内があるので迷うことはない。
      https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/showroom/photomap.htm

----------------

関連記事

2015/03/13 02:00 | 行って来たCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。