「上野ウェルカムパスポート」を国立西洋美術館で買ったら国立西洋美術館の8月まで使える常設チケットがもう一枚ついてきた。(追記あり)

上野ウェルカムパスポート

上野東京ライン開業を記念して発行された、東京国立博物館 国立科学博物館 国立西洋美術館の3館共通入場券。

 「UENO WELLCOME PASSPORT

販売価格1,000円、2015年3月14日(土)から5月31日(日)の期間中、3館の常設展/総合文化展が各館1回観覧できるお得チケットが、3月24日に3万枚部限定で販売開始された。

何かと縁のある上野のミュージアムの企画物なので欲しいなぁと思いつつも、

数か月前に騒動となった「東京駅開業100周年記念Suica」ばりに、終電組と始発組が列を争う怒号飛び交う中、数時間並んだ上で、買えないとか嫌だなとか、どうしようかと悩んでいたが、そんな訳もなく、夕方行ってもあっさり買えました。




所用のため遅くなってしまって上野駅に着いたのが17時ちょっと前。

上野駅内の公園口にあるチケットセンターに行ったら、残念ながら16:30に既に閉店。
せっかくここまで来たのだから初日に購入したいと思い、駅から一番近い国立西洋美術館の窓口に駆け込む。

「あの、上野ウェルカムパスポート」ってまだ売ってますか?」
「えぇ、ありますよ(は?そんなに焦んなくてもまだいっぱいあるよ的ニュアンス)」

ということで無事ゲット。

なぜかパスポートとは別に、8月までの西洋美術館の常設展チケットをつけてくれました。
他の館は他の館で何かあるのかな?

実を言えば、東博と科博はどちらもフリーパスを既にもっていて、パスポートはどちらかというと記念として欲しかっただけ。
でも、結果として、唯一もってない西洋美術館のチケットが2枚手に入ったことになったので何となくお得感あり。

あまり西洋絵画は観には行かないのだけど、これを機に花見がてらに一回、夏ごろもう一回行こうか。

文化の横串さすにはこうした連携イベントは効果がありそう。
けど、そもそもこうした施設にいくこと自体に興味ない人はどうしたら呼び寄せられるのか。

もっと思いきった分野融合的企画が必要なのかも。

それにしても、ミュージアム関係者って、パスポートとかスタンプラリー企画好きだよね。

<追記>

ということでスタンプラリーをやってみた。
3館のスタンプ集めた先着1万名にプレゼントされるというオリジナルグッズは何か気になったので。

科博の総合案内所にて、いい歳して、コンプリートスタンプを見せて貰えたのは、

上野パスポート

上野東京ラインの渋い缶バッチだった。

おっおぅ・・・。



関連記事
.15 2015 イベント・セミナー comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/743-91df81b2

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター