スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

横浜サイエンスフロンティア高等学校 選抜試験中

edu.jpg

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校の試験問題(選抜課題?)が
公開されていた。

ここ

人口増から発展する食糧問題について考える問題。
資料は「科学技術の智プロジェクト」の『21世紀の科学技術リテラシー像
~豊かに生きるための智~プロジェクト総合報告書』 が使われていた。
さすが科学リテラシー教育に力をいれているだけある。

A4一枚程度の資料に対して問題文はこんな感じ。

問題文[1]

  与えられた資料(【資料1】~【資料4】)から読み取れる世界の課題
  と日本の課題を、それぞれ80字以上100字以内で書きなさい。


うーん大人でもこの大きな問題に対してこれだけの文字数で表現することは
難しいだろうに。

選抜試験は結構難関だったらしい
 

定員71人に受験生370人が挑み、倍率5・21の超難関(毎日jp20090129)


開校前の高等学校では異例なのでは?

でもこのHPとか宣伝とかみたら行きたくなる気持ちもわかる。
開校まであと何日とずーと前からカウントダウン。
そして頻繁なプレスリリース。
否が応でも期待は膨らむ。

授業内容も魅力的だし、協力機関の関係者やスポンサー?も盛りだくさん
ほんとに市立か?

とりあえずの結果がでるのは3年後。卒業生が活躍するのはそのまた何十年かあと、
教育の効果がわかるのはまだまだ先だし、方針に賛否両論はあるだろうけど、
フロンティアな人材が育てばいいね。

開港まであと58日
関連記事

2009/02/06 02:00 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。