なんだ、これは!を感じる常設展 「岡本太郎の なんだ、これは!」展

岡本太郎の なんだ、これは!

川崎市岡本太郎美術館の常設展示は、常設といいつつ、定期的に作品は入れ替えられて常にプチ企画展が開催されている。
今は「岡本太郎の なんだ、これは!」展が開催中だ。

夏休み期間が被ることもあり、子ども向けに「この絵からは何を読みとれるか?」的なキャプションが提示され、ある意味、わかりにくいことがわかりやすい絵を中心に、美術館が保有する太郎の代表的な作品が並ぶ。


アバンギャルドを標榜した《森の掟》を始めとして、
主題となるモチーフと共に、全体が顔となるように構成されたダブル・イメージによる作品、
抽象と具象が入り混じった作品、
琳派へのオマージュ作品、
カリグラフィーや呪術的な作品、
などなど、展示数こそ少ないが岡本太郎に特徴的な「なんだ、これは!」な作品がピックアップされているため、岡本太郎作品を俯瞰できる岡本太郎入門展覧会の様だった。

とはいえ、個人的に初見の作品も何点かあり、

哄笑
《哄笑》(こうしょう)

哄笑とはガハハと笑う様で、太郎の母である岡本かの子が小説で好んで使った言葉らしい。

生成
《生成》

二つの顔
《二つの顔》

いずれも味のある作品。
何度見ても惹きこまれる《アドレッサン》《赤のイコン》も改めてみることができ、大満足の常設展だった。

この常設展と同じ期間に企画展示室では、遊びをテーマにした「遊び ひらく 岡本太郎」展が開かれているので、子どもを連れて一緒に「なんだ、これは!」を楽しむのもいいかもしれない。

--------------------------------
岡本太郎の なんだ、これは!

常設展 岡本太郎の なんだ、これは!
会期:2015年7月18日(土)~2015年10月4日(日)
会場:川崎市岡本太郎美術館(神奈川・向ケ丘遊園)
概要:『なんだ、これは!』の精神を通して、改めて岡本作品をご紹介。

--------------------------------
「遊び ひらく 岡本太郎」展

企画展 遊び ひらく岡本太郎」展
会期:2015年7月18日(土)~2015年10月4日(日)
会場:川崎市岡本太郎美術館(神奈川・向ケ丘遊園)
概要:岡本太郎の「遊び」をキーワードに、岡本の作品を紹介するとともに、からだのさまざまな感覚をつかって作品を感じる展示やイベントを行う。

--------------------------------

関連エントリー
パワーをもらいに 「岡本太郎の「生命体」展」
PLAY TARO  太郎と”命がけで真剣に遊ぶ”サイトがオープンした。
ダイオウイカ的神々しさ。 大巻伸嗣 Liminal Air Space-Time 「TARO賞の作家Ⅱ」
太郎道場「岡本太郎の言葉」展
何だ、これは! 「太陽の塔」だ!
なんだこれは。「岡本太郎とアール・ブリュット-生の芸術の地平へ」展
太陽の塔のロボと太陽の塔Walkerが届いた日に太陽の塔のロボミニフィギュアが発売されていることを知り,あぁ・・・。
史上初! 太陽の塔だけのビジュアル本 『太陽の塔Walker』がでるってよ。
太郎といえば目玉、目玉といえば太郎 「岡本太郎の目玉」展
迫りくるイメージ「岡本太郎と潜在的イメージ-パリの仲間たち」展
リニューアルしたTARO空間 「創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ」
やだ、これ欲しい! 「超合金 太陽の塔のロボ」(追記あり)
閉じ込められた太郎作品 「第16回岡本太郎現代芸術賞 受賞作家作品展示 加藤智大 『太陽と鉄』」
常設展なのに企画展 『岡本太郎-顔と仮面』
岡本太郎記念館に「宇宙」現る。 一夜限りのスペシャルイベント『One Night Illusion』は2013年10月12日
Taro Passport メンバーになっていつでも太郎を。
衝動から実現まで、作品に込められた太郎の想いとは。岡本太郎美術館
夏までに見にいきたい岡本太郎3本立て(2013)
バーチャル岡本太郎記念館 Taro cruise 360°
消された作品が蘇る 太郎発掘展
路地裏に岡本太郎 『TAROが町にやってくる!』
一夜限りの幻想風景 岡本太郎記念館 『One Night Illusion』(2012.10.07)
叫ぶ「岡本太郎の50年」展
大きさ実感 「太陽の塔 黄金の顔」
岡本太郎記念館をジャック 『ヤノベケンジ:太陽の子・太郎の子』展
岡本太郎が暮らしたアトリエ 『岡本太郎記念館』
太郎のパブリックアートが集合『川崎市岡本太郎美術館』
何だこれは!『岡本太郎展』メモ
関連記事
.05 2015 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/779-dbcbae4b

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター