スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

さぁ好きなだけお書き「GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel」

落書きカフェ (2)

銀座に期間限定でオープン中の落書きカフェ

 「GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel

に行ってきた。

あのペンで有名なぺんてるが道具とキャンパスを提供している落書きができるカフェ。

トイレ以外は基本的に店内どこでも落書き自由。

さぁレッツ落書き!


サインペンに筆ペン、油性ペンに水性ペン、色も色々どれも使い放題。

落書きカフェ (3)

今年のテーマは「美術館

落書きカフェ (6)

壁に飾られた有名絵画(のプリント)にも書き放題。

落書きカフェ (7)

床も机もどこでもご自由に状態。

落書きカフェ (9)

「ぺんてる小僧」が少しぐらい崩れて出てきても気にしない。

落書きカフェ (5)

子ども大喜び。

ただ。

道具と場所を用意されて、「さぁ好きなだけ落書きして良いですよ」と言われるとそれはそれでなんだかあれ。

もともとリミッターが外れているお子様はともかく。

良識ある大人になってから落書きを楽しむには書いちゃいけないところに書いている感、後ろめたさが必要なんだなということを学ぶ。

店員に見つかったら叱られるプレイ的なものがあればいいのかななんて思ったり。

落書きカフェ (8)


まぁ一度フリーダムな状態で落書きしまくるのは子どもにとっても大人にとってもいい経験かもしれない。

-------------------------------------------------
GINZA RAKUGAKI Café&Bar by Pentel
営業期間:9月6日(日)~10月31日(土)無休
営業時間:カフェ 12:00〜17:00 (L.O. 16:30)
     バー  18:00〜23:30 (L.O. 23:00)
     ※バータイムのみチャージ800円
総席数:54席
最寄駅:東京・銀座

カフェタイムは90分間、バータイムは120分間の時間制。
予約を入れておくと入場がスムーズ。
こちらでネット予約ができるがバータイムのみっぽい。
カフェタイムは電話で。

子連れなら12時~のカフェタイムがお薦め。カレーやポテトがあるので昼飯がてらにいかが。

落書きカフェ (1)

-------------------------------------------------

関連エントリー
「破壊の前に創造を」No Man’s Land 【ノーマンズ ランド】へ駆け込みでいってきた。
非日常空間に置かれた 「日常/オフレコ」展

関連記事

2015/09/22 23:00 | 行って来たCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。