渋谷、25000年間の履歴書 『ミュージアム連携事業 企画展 <SHIBUYA>』

SIBUYA(5).jpg

東京は渋谷の國學院大學博物館で開催中の

 『ミュージアム連携事業 企画展 <SHIBUYA>

渋谷駅の空中回廊にある《明日の神話》の下絵が展示されているとの情報を知って、渋谷界隈のミュージアム巡りついでに覗いてみた。





《明日の神話》と対になるはずだった《豊穣の神話》の下絵やNHK スタジオパーク内の《手に舞う》の下絵も併せて展示されているほか、国立代々木競技場・第1体育館に飾られている岡本太郎作品の映像が流されていたりと、岡本太郎ファンとしては既に満足。

で、せっかくだからと他の展示も見たらけっこう興味深い。

SIBUYA (2)

本展示のメインテーマは渋谷学。

あの喧騒のスクランブル交差点はかつて渋谷川と宇田川の水の流れによって形作られた3つの谷が出会う場所。
そこから坂を上った大地に人々が住みついたのは約25000年前の旧石器時代とのこと。
今もアスファルトを剥がせば古代人の証がでてくるらしい。

そんな古の時代から、面々と続く渋谷の変遷を辿る展示。

SIBUYA (3)

展示スペースこそ狭いが、石器から古地図、精巧なジオラマや現代アートなど、渋谷を語るあらゆるものがギュッと詰まっていた。

展示構成
序 章 はじまりは鄙 
第1章 <渋谷>界隈の社寺と祭礼
第2章 都市住民の物語
第3章 ビルの森で「もやい」を求めて
第4章 死と再生の神話
結 章 そしてSHIBUYA―過去・現在・未来を結ぶ地力―


9月30日(水)まで。


さらに常設の考古学展示は必見。
火焔土器、土偶、はにわ、などなど見ていて飽きない。

SIBUYA (4)


國學院大學博物館は渋谷駅から歩いて10分ほど、近所には山種美術館、首都高を挟んで表参道方面に根津美術館、岡本太郎記念館があるので、渋谷・恵比寿ぶらりミュージアムルートに組み込もう。

SIBUYA (1)



----------------------------------------
平成27年度第4回企画展<SHIBUYA>

平成27年度第4回企画展<SHIBUYA>

会期:2015年8月22日(土)~9月30日(水)10:00~18:00 休館日(9/7(月)、9/14(月)、9/18(金))
会場:國學院大學博物館 企画展示室(東京・渋谷)
概要:博物館で知る< SHIBUYA >のものがたり。
   ※※岡本太郎「明日の神話」の下絵、 「天に舞う」(NHK スタジオパーク内[ 壁画)原画が展示。
URL:http://www.kokugakuin.ac.jp/oard/museum_h27_shibuya.html

----------------------------------------
関連記事
.27 2015 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/786-a65dcfa0

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター