第2回情報学シンポジウム 残席あり

Digital.jpg

「情報学」

この分野の定義がまだよく掴めていないのだが、
情報通信工学(特にモバイルとかネットワークとか)の世界で研究開発を引っ張って
きた方たちが、最近、情報学と名のつくところに現れることが多くなってきている気がしている。
インフラ作ったらその上に乗る情報の扱いが気になってきたということかな。

つられて私も気になって申し込んだシンポジウム。

開催直前に事務局より丁寧に確認メールが来た。
また残席があり、「興味のある方へ是非お薦めいただけますようお願いいたします。」
とのことなので開催概要を転載しておく。
しかし平日日中ど真ん中。はなから一般聴衆は考慮外なのかも・・・

---------------------------------------------------------
第2回情報学シンポジウムプログラム:テーマ「情報学の展望」

主催:日本学術会議情報学委員会
日時:2009年3月4日(水)
場所:日本学術会議 講堂(東京都港区六本木7-22-34)
アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5番出口、徒歩1分
URL: http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/71-s-3-1.pdf

13:00-13:05 開会挨拶 
村岡洋一(情報学委員会委員長:早稲田大学)
13:05-13:35 総論:情報学の展望 
坂内正夫(情報学展望分科会:国立情報学研究所)

13:35-15:00 テーマ1:学術の礎としての情報学
1.1 求められる情報学とは何か:礎の学問としての情報学への期待
長尾真(国立国会図書館)
1.2 情報学にパラダイムシフトを起こす礎とは何か
所眞理雄(ソニーコンピュータサイエンス研究所)
1.3 新たな研究開発方法論の礎としての情報学
安達淳(E-サイエンス分科会:国立情報学研究所)
15:00-15:15 休憩

15:15-16:30 テーマ2:直面する諸問題解決の礎としての情報学
2.1 情報爆発の向こうに見える情報化社会
喜連川優(ウェブ・メディア社会基盤分科会:東京大学)
2.2 「情報離れ」という現実を見据えた新たな発展に向けて
東倉洋一(情報関係教育問題分科会:国立情報学研究所)
2.3 情報システムに対する多様なリスクの解決に向けて
今井秀樹(セキュリティ・ディペンダビリティ分科会:
産業技術総合研究所)
16:30-16:45 休憩

16:45-18:00 テーマ3:新たな社会創造の礎としての情報学
3.1 ユビキタス空間情報社会の実現による社会変革
坂村健(ユビキタス空間情報社会基盤分科会:東京大学)
3.2 新世代情報通信技術が目指す新たな社会創造
青山友紀(情報ネットワーク社会基盤分科会:慶応大学)
3.3 情報学が拓く新たな文化
原島博(東京大学)

本件に関する問い合わせ先:
安達 淳(第2 回情報学シンポジウム実行委員:国立情報学研究所)
e-science-sec(アットマーク)nii.ac.jp
---------------------------------------------------------
※メールアドレス表記のみ修正。
関連記事
.19 2009 情報・通信 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/82-fa5b979f

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター