宝の山。「ほぼ日手帳2016spring発売記念展覧会 みんなのTARO2016」

ほぼ日太郎 (29)


岡本太郎の作品が配されたほぼ日手帳の販売の記念して、東京は南青山のTOBICHI②にて展覧会が開催されている。

 「みんなのTARO 2016

TOBICHIは糸井重里氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」のお店だ。

TOBICHI②で手帳を買うと、おまけのグッズそれも「岡本太郎記念館」が所有する非売のアイテムが当たると知り、急いで訪問。


ほぼ日太郎 (20)

TOBICHI②は岡本太郎記念館から徒歩5分の場所に建つ。

ほぼ日太郎 (12)

2Fは赤く怪しいライトが灯る展示室。
《明日の神話》を作るときに一番最初に描いたという木炭デッサンを始め貴重な資料が展示されていた。

ほぼ日太郎 (3)

直筆サイン。 うむ、読めない。

ほぼ日太郎 (7)

下書きデッサン。

ほぼ日太郎 (15)

ショップは1F。

ほぼ日太郎 (17)

目当ての「明日の神話(オリジナル・カズン)」(左)と「太陽の塔(オリジナル)」(右)との二つのカバーを購入。
オリジナル・カズンのサイズはA5判の技術書を入れるのに丁度よいサイズ。

ほぼ日太郎 (18)

そして手帳購入一冊ごとに回せるガチャを2回。

ほぼ日太郎 (33)

めでたくA賞とC賞をゲット♪

ほぼ日太郎 (1)

なんと、A賞は「岡本太郎記念館」開館時に配布したパンフレット。
お気に入りの《赤のイコン》《装える戦士》の表紙。

ほぼ日太郎 (35)

中にはオープンに際して寄せられた多くの著名人たちのメッセージが記されていた。
C賞のクリアファイルもなかなか素敵なデザインで満足。

さらに、岡本太郎記念館とコラボのスタンプラリーもあり、2か所周ればオリジナルステッカーが貰える。

ほぼ日太郎 (23)

岡本太郎記念館の方は現在、アイデアコンペ「太陽の塔に対峙せよ!」の出展作品展示中。
合わせて太陽の塔に関わる資料も公開されている。

今年の岡本太郎納め 「岡本太郎と中村正義・東京展」 「岡本太郎と世相」「太陽の塔に対峙せよ!」

ほぼ日太郎 (22)

見るも宝、買うも宝、貰うも宝。
お見逃しなく。
2月21日(日)まで。

-------------------------------------
みんなのTARO

会期:2016年2月5日(金)~2月21日(日) ※火曜休
会場:TOBICHI2(東京・表参道)
URL:http://www.1101.com/tobichi/taro2016/index.html
-------------------------------------

関連エントリー
今年の岡本太郎納め 「岡本太郎と中村正義・東京展」 「岡本太郎と世相」「太陽の塔に対峙せよ!」
天と交流する回路 「 岡本太郎の『樹』」
~大人限定!夜のガイドツアー~ 川崎市岡本太郎美術館 サマーナイトミュージアム
なんだ、これは!を感じる常設展 「岡本太郎の なんだ、これは!」展
パワーをもらいに 「岡本太郎の「生命体」展」
PLAY TARO  太郎と”命がけで真剣に遊ぶ”サイトがオープンした。
ダイオウイカ的神々しさ。 大巻伸嗣 Liminal Air Space-Time 「TARO賞の作家Ⅱ」
太郎道場「岡本太郎の言葉」展
何だ、これは! 「太陽の塔」だ!
なんだこれは。「岡本太郎とアール・ブリュット-生の芸術の地平へ」展
太陽の塔のロボと太陽の塔Walkerが届いた日に太陽の塔のロボミニフィギュアが発売されていることを知り,あぁ・・・。
史上初! 太陽の塔だけのビジュアル本 『太陽の塔Walker』がでるってよ。
太郎といえば目玉、目玉といえば太郎 「岡本太郎の目玉」展
迫りくるイメージ「岡本太郎と潜在的イメージ-パリの仲間たち」展
リニューアルしたTARO空間 「創造のゆりかご —岡本太郎のアトリエ」
やだ、これ欲しい! 「超合金 太陽の塔のロボ」(追記あり)
閉じ込められた太郎作品 「第16回岡本太郎現代芸術賞 受賞作家作品展示 加藤智大 『太陽と鉄』」
常設展なのに企画展 『岡本太郎-顔と仮面』
岡本太郎記念館に「宇宙」現る。 一夜限りのスペシャルイベント『One Night Illusion』は2013年10月12日
Taro Passport メンバーになっていつでも太郎を。
衝動から実現まで、作品に込められた太郎の想いとは。岡本太郎美術館
夏までに見にいきたい岡本太郎3本立て(2013)
バーチャル岡本太郎記念館 Taro cruise 360°
消された作品が蘇る 太郎発掘展
路地裏に岡本太郎 『TAROが町にやってくる!』
一夜限りの幻想風景 岡本太郎記念館 『One Night Illusion』(2012.10.07)
叫ぶ「岡本太郎の50年」展
大きさ実感 「太陽の塔 黄金の顔」
岡本太郎記念館をジャック 『ヤノベケンジ:太陽の子・太郎の子』展
岡本太郎が暮らしたアトリエ 『岡本太郎記念館』
太郎のパブリックアートが集合『川崎市岡本太郎美術館』
何だこれは!『岡本太郎展』メモ
関連記事
.09 2016 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/823-6a91e020

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター