情報処理技術遺産 ソフトウェアは遺せるか。

keyb.jpg

社団法人情報処理学会

情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定制度

を開始した。

 ここ

2月24日に詳細をプレリリースすると1月中頃に発表があってから
ウオッチしていたのだが一日早い発表。

情報処理技術遺産として23件、分散コンピュータ博物館として2件が認定されていた。
プレスリリースでも触れられている通り、コンピュータ技術は、急速な発展スピートにより、古い技術や製品はすぐ陳腐化し、廃棄の憂き目にあってしまう。
認定という形で少しでも先人たちの貴重な史料が残されることは非常に意味のあると思う。

ただ、やはりというか、ソフトウェア単体としての認定がなかった。

情報処理学会の認定ということで、ソフトウェアに着目した認定が
あるのかと期待してただけに、少々残念。

ソフトウェア保存の難しいところは、プログラム自体は何らかの
電子媒体で保存することは出来ても、走行するハードやOSと一体
で保存しないことには動作が確認できないところである。
(だからこそなんとかシステム機になるのかもしれないが・・・)

しかしながらWeb技術の発展によって、必ずしもハードと一体ではない
アプリケーションやソフトウェアが急速に増えてきていて、
その中には秀逸なプログラムも多くあるはずだ。

そういったソフトウェアを後世に遺していくことはできないものかなぁ。
どんな分野でも過去の歴史・遺産を保存する活動はあるのに、
ソフトウェアの世界は先を争うばかりで遺す活動はあまり聞かない。
使う人たちとってはソフトウェアは単なる形の無い、
言ってみれば”サービス”の一つかもしれないが、
プログラマーにとってはソフトウェアはソースコードで書かれた”創造物”である。

プレスリリースにあわせて、各メディアや業界関係者も一斉に記事を
とりあげているが、CNETを始めとして、どこも記事をなぞっているだけで、
この辺のことに触れているところは見当たらないのもちと残念だ。

関連エントリ
~未来技術遺産~
ソフトウェア技術の使い道。パソコン要約筆記。

関連記事
.25 2009 情報・通信 comment2 trackback0

comment

かみぐち
遺産の一覧を見て、私が実際に使用していたものも二点ほど入ってました。
過去の遺物ですか……私も過去の遺物にならないように頑張ろう
2009.02.25 09:00
M322
> 遺産の一覧を見て、私が実際に使用していたものも二点ほど入ってました。
> 過去の遺物ですか……私も過去の遺物にならないように頑張ろう

私は社会人になってソフトウェア業界にはいるまでは、ワープロすらさわったことない文系アナログ人だったため、ここにでてくる遺産は、まさに遺産ですね・・・

2009.02.26 20:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/84-6a62a6d0

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター