巨大物流ターミナル 「羽田クロノゲート」に行ってきた。

クロノゲート (2)

“場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ。”

クロネコヤマトが誇る物流拠点「羽田クロノゲート見学コース」に行ってきた。


クロノゲート (3)

ガラス越しに見える無人のフロアでは、次々と流れてくる荷物がスキャンされ、コンベアに取り付けられたセルと呼ばれるベルトを使って仕分けされ行き先別に粛々と運ばれていく。
一時間に最大で約4万個、大型トラックにして75台分の荷物を捌くことが可能と聞けばそのスピードがイメージできるだろうか。
連れて行った子どもは「スターウォーズの世界だ!」と感心していた(若干意味不明)

学生時代に某百貨店の配送センターで仕分けバイトをやっていたが、その時の作業が機械によってほぼ自動化されていた。
なんとなく頭ではわかってはいたが、多くの人手をかけていた作業がほぼ機械に置き換わっている様を目の当たりにして軽い衝撃。

 機械との競争
 『機械との競争』

これで配送も自動運転やドローンで無人化されたらさらに未来だな。

本施設では単純作業や体力が必要とされる業務を徹底的に機械化し、より付加価値の高い業務、家電修理や医療機器洗浄、オンデマンド印刷等のサービスに人を割り当てているようだ。

クロノゲート (1)

見学は時間にして90分。
案内役の丁寧な説明に加え、要所要所での映像コンテンツにより、子どもも理解し易く楽しめる内容になっている。
最後にはピッキングシステムを体験しながらお土産を頂けるおまけもあり。

残念ながら見学コース内の写真撮影は不可だが、物流の今を生で見ておくのはいいかもしれない。

予約はこちらから。

ちなみにクロノゲートのクロはクロネコのクロではなく、ギリシャ神話の時間の神、クロノスからとったとのこと。

関連エントリー
地球深部探査船「ちきゅう」一般公開@横浜港に行ってきた。
踊る巨大建機ショー「コマツテクノセンター『夏休みはたらくのりものちびっこ見学会』」
工場夜景に萌えてきた。
秩父鉄道車両基地公開イベント「わくわく鉄道フェスタ 2014」開催に先立ち今更ながら2013に行ってきたレポート。
企業博物館のショーケース「日本の会社展第3回 企業博物館 ~逸品解題~」
そこは秘密  「わくわくできる工場見学施設 グリコピア・イースト」に行ってきた。
大人の社会科見学『大橋ジャンクション現場見学会』に行ってきた。
マニアな産業遺産「軍艦島」へ上陸してきた(後篇)
マニアな産業遺産「軍艦島」へ上陸してきた(前篇)
地下神殿 「首都圏外郭放水路特別見学会」に行ってきた。
リニアを体感「山梨県立リニア見学センター」
震度7を体験してみる、『埼玉県防災学習センター』
暑い夏にはアイス食い放題な工場見学へ「シャトレーゼ白州工場」
地球観測センター「宇宙の日ふれあい月間」一般公開でふれあってきた
埼玉県環境科学国際センター GW特別企画にいってきた
電波の窓「宇宙電波観測所」に行ってきた。
関連記事
.22 2016 行って来た comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/840-97fdbac7

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

●全ての記事はこちら

フリーエリア

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター