観覧無料・充実の花鳥画作品 「館蔵品展 江戸の花鳥画ー狩野派から民間画壇までー」 #江戸の花鳥画 #板橋区立美術館 

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (3)

東京の板橋区立美術館で開催中の

館蔵品展 江戸の花鳥画ー狩野派から民間画壇までー

を見てきた。

区立美術館のこじんまりとした所蔵品展といっても侮ることなかれ充実の作品群。
そしてなんと無料ときた。

団地立ち並ぶ東京のベッドタウンの駅から歩いて10数分の立地。
こじんまりとしてお世辞にも綺麗とは言えない区立美術館

こんな自虐のぼりまで立ってるし・・・。
江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (19)


だがこの美術館の所蔵品はいぶし銀な良品。
さらに展示担当者さんの味のある演出が他の美術館にはない独特の魅力を醸し出す。

その辺のことは以前書いた。
自由すぎるキャプションに学芸員の遊び心を感じる「狩野派以外も大賑わい」展

今回も、酒井抱一、鈴木其一、柴田是真などメジャーどころから民間画壇の個性煌めく作品まで見所が一杯。

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (32)

色鮮やかな花鳥が舞う作品に二度見三度見。

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (2)
《双鶴春秋花卉図(鈴木其一)》

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (30)
《四季花鳥図屏風(狩野惟信)》

キャプションは相変わらず自由だ。
江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (15)

旬なワードも入れ込んでくるところはさすが。
江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (1)

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (34)
《花鳥図押絵貼屏風(岡田閑林)》

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (5)
《雑画巻 部分(鈴木守一)》

これで無料、撮影もOKなんだから見にいかないと損ですね。

江戸の花鳥画(板橋区立美術館) (21)

10月9日まで。

---------------------------------------------------
館蔵品展 江戸の花鳥画 ー狩野派から民間画壇までー

館蔵品展 江戸の花鳥画 ー狩野派から民間画壇までー
会期:2017年9月2日(土)~10月9日(月・祝)9:30~17:00 月休
会場:板橋区立美術館(東京・西高島平)
概要:江戸狩野派による花鳥画を紹介
URL:http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/2017-exhibition/ex170902.html

---------------------------------------------------

関連記事
.29 2017 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/890-3886e601

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター