FC2ブログ

ビビッドな琳派 「岩田壮平」氏の作品にびびっと来た。

岩田壮平 (6)

正月早々、今年のベスト作品候補に出会った。

岩田壮平氏の《花の形》だ。



展示されていたのは東京都美術館

岩田壮平 (4)

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」のついでにたまたま寄った展覧会「現代の写実―映像を超えて」会場。
岩田壮平 (2)

遠目から目に飛び込んできたビビットな色彩。蜷川実花さん風の写真かな?と近寄ったら屏風に描かれた錦鯉に南国な花。
岩田壮平 (1)

屏風に描かれるような日本画ではあまり見かけない暖色系かつ彩度の高い色使い。
よくよく見ると、琳派のたらし込みが施されていて、独特な滲みがある。
岩田壮平 (3)

不思議な画風。

もともと岡本太郎が放つ原色に近い赤や黄色を使った抽象画も好きだが、伝統的な日本画にはなじまない色合いだと思っていたために衝撃を受けた。

岩田壮平

早くも今年のベスト作品ランクイン。


関連記事
.13 2018 展示 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://btobsc.blog25.fc2.com/tb.php/899-11688520

プロフィール

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター