スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

そうだ京都は今だ。 (2日目)

京都(201650)

「そうだ京都は今だ」と勢いで訪れた残暑厳しい京都二日目。

 >一日目はこちら


.22 2016 行って来た comment0 trackback0

そうだ京都は今だ。 (1日目)

そうだ京都は今だ

あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術」を見に行きたいなぁ。
でも京都だしなぁ。でも行きたいなぁ。とチラシを眺めていたら、TVから狩野永徳の「花鳥図」が公開!とか流れてきた。

 「そうだ京都は今だ!」

昨年に引き続き突発的に弾丸旅行。

夏休みと新学期のはざま、紅葉までまだ間がある中途半端な時期。
宿も電車も安く取れたので今年は一泊。

えぇ、独りで。


.21 2016 行って来た comment0 trackback0

シンガポール・ミュージアム紀行 4.シンガポール動物園(ナイトサファリ)(Wildlife Reserves SINGAPORE NightSAFARI)

シンガポール動物園

シンガポールミュージアム紀行も美術館博物館ときて、第4弾は動物園

シンガポール動物園(ナイトサファリ)(Wildlife Reserves SINGAPORE NightSAFARI)

夜の動物園を見て周るナイトサファリ
どのガイドブックを見ても載っている人気スポット。

が、個人的には残念スポットになってしまった。




.07 2016 行って来た comment0 trackback0

シンガポール・ミュージアム紀行 3.シンガポール国立博物館( National Museum of Singapore ) #nationalmuseumsg

シンガポール国立博物館 (5)


シンガポールミュージアム紀行第3弾は『シンガポール国立博物館( National Museum of Singapore )


国立博物館といっても上野の東京国立博物館のような国内美術品を中心としたミュージアムではなく、歴史民族博物館である。
シンガポールの歴史の移り変わり、文化や生活様式を知ることができるミュージアムだ。
ただし軽い気持ちで訪れるとガツンと衝撃を受けることになる。
ある意味、シンガポールに行ったら一番最初に見にいくべき場所かもしれない。


.03 2016 行って来た comment0 trackback0

シンガポール・ミュージアム紀行 2.ナショナル・ギャラリー・シンガポール( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )作品編

シンガポールナショナルギャラリー (73)

ギャラリーの総床面積は約6万4千平方メートル。
上野にある東京国立博物館の総床面積が7千平方メートルというからその約10倍の広さ!!!
伝統ある旧庁舎を利活用した美術館とあってその建物自体が注目されがちだが、収蔵作品も東南アジア最大級。シンガポールを中心として東南アジアの現代美術の絵画、彫刻、映像など8千点以上のコレクションを誇る。
表に展示されている数だけでも相当数になる。

シンガポール・ミュージアム紀行2弾目はそんなナショナル・ギャラリー・シンガポール( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )の作品編。

1.ナショナル・ギャラリー・シンガポール1( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )建物編
2.ナショナル・ギャラリー・シンガポール2( NATIONAL GALLERY SINGAPORE )作品編
3.シンガポール国立博物館( National Museum of Singapore )
4.シンガポール動物園(ナイトサファリ)(Wildlife Reserves SINGAPORE NightSAFARI)
5.シー・アクアリウム(マリンライフ・パーク)(S.E.A. Aquarium (Marin Life Park))
6.ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)
7.番外


.23 2016 行って来た comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事

タグcloud

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。