いきたいミュージアムリスト(2016秋~初冬)

秋

季節の変わり目、色々ゴタゴタがあり、まとまってアウトプットする気になれず。
何か観てきてもTwitterでつぶやいて終わりが多い。
気づいたら当ブログ1か月更新無しで広告が表示されていた・・・。

なにはともあれインプットは止めないように。
ミュージアム巡りは心の拠り所。

そんな秋のいきたいミュージアムリスト(再掲もあり)。





続きを読む

インチキに惑わされないように読んでおくと良い本

水素水

定期的に流れてくる「EM菌」の話、少し前に話題になった「江戸しぐさ」、いまや大手メーカーまで手をだした「水素水」などなど、うさん臭いと避けてはいたけど実際何が問題なのか正直なところよくわかっていなかった。
自分だけなら触れなければいいが、無駄に知恵をつけてきた子どもたちにはきちんと説明しておく必要がある。

ちょうど疑似科学について書かれた本が最近発刊されていたのでいくつか読んでみた。

紹介を兼ねて所感を簡単に。

続きを読む

10月9日は土偶の日。

土偶の日

10月9日は何の日かご存じだろうか?

10と9で「土(10)偶(ぐう)」の日。

いいよね土偶





続きを読む

そうだ京都は今だ。 (2日目)

京都(201650)

「そうだ京都は今だ」と勢いで訪れた残暑厳しい京都二日目。

 >一日目はこちら


続きを読む

そうだ京都は今だ。 (1日目)

そうだ京都は今だ

あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術」を見に行きたいなぁ。
でも京都だしなぁ。でも行きたいなぁ。とチラシを眺めていたら、TVから狩野永徳の「花鳥図」が公開!とか流れてきた。

 「そうだ京都は今だ!」

昨年に引き続き突発的に弾丸旅行。

夏休みと新学期のはざま、紅葉までまだ間がある中途半端な時期。
宿も電車も安く取れたので今年は一泊。

えぇ、独りで。


続きを読む

未定形アートが京都に集合。「あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術」

アンフォルメル

京都国立近代美術館で開催中の

 「あの時みんな熱かった!アンフォルメルと日本の美術

アンフォルメル(未定形の芸術)と名付けられた美術作品、それも日本の作家を多く集めた稀有な展覧会。

巡回展示もないというから京都まで見に行ってきた。


続きを読む

行きたいミュージアムリスト(2016年残暑~秋)

太郎の目玉 (38)


芸術の秋がもうすぐやってくる。

待ちに待った「鈴木其一」展を始め、国芳の水滸伝豪傑、山種美術館の所蔵浮世絵など江戸絵画が充実。
更に明治の工芸から一気に飛んでメディアアートに宇宙モノまで見逃せない展覧会が目白押し。

そんな行きたいミュージアムメモ2016残暑~秋 14件。

続きを読む

橘天敬(tachibana tenkei)とは。

橘天敬

橘天敬」という画家を知った。
既にこの世にはいない、昭和期の画家である。


続きを読む

「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-」

観音の里の祈りとくらし展


東京は上野の東京藝術大学大学美術館で開かれていた

 「観音の里の祈りとくらし展Ⅱ-びわ湖・長浜のホトケたち-

上野で時間が空いたからふらりと寄って覗いてみた

思いのほか良いものに出合えた展覧会だった。


続きを読む

生々しい息吹 「鴻池朋子展 根源的暴力vol.2 あたらしいほね」

鴻池朋子 (30)

群馬県立近代美術館で開催中の

 「鴻池朋子展 根源的暴力vol.2 あたらしいほね

を観てきた。

作品から鼓動が聴こえてくる。
身体の奥の方をえぐられるような迫力。


続きを読む

コメント・ご質問はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

プロフィール

k_2106

Author:k_2106
科学好き
博物館好き
魚好き


このブログ方針みたいなもの"

最近の記事
●全ての記事はこちら
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
タグcloud
ブログ内検索
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード